メッセージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「モノからコトへの価値創造」・・・サービス・イノベーション

IoTへの新しい提案として「IoTS」に転換」

IoTとはInternet of Thingsの意味です。
モノのインターネット化、インターネットが有機的にモノにつながっている状態を言うが、現在の商品はモノとサービスが一体となり、つながっていることが多い。商品はIoTだけでは意味をなさない時代です。
サービスも入れたIoT化、IoTS(service)が現実的な表現と考えられます。IoTを活用してサービス・イノベーションを起こすコトも可能です。

AIでもディープラーニングが発達すれば、サービス・イノベーションがより起こりやすくなるでしょう。IoTの考え方にサービス・イノベーションの考え方を取り入れることにより、有効性があり、高品質なサービスが生み出されるでしょう。
IoTの次に考えられることはIoTSだと思われます。

サービコン ジャパンは、モノだけではなくサービスのコト(価値創造)にも注視して、新しいビジネスの方法をシステム化していきます。

今や、車の自動運転は確実に進んでいます。
自動運転を行うにはIoTの補助作業があります。
今後、IoTを進化させるAI(人口知能)も大きな時代の役割を果たしていきます。

しかし、17世紀から18世紀にかけて、イタリアのクレモナで、ストラディヴリュウスの逸品といわれるバイオリンがなぜ出来たのでしょうか?

時代の背景、自然の恵み、才能のある多くの音楽家がいて、それを感じる彼の才能、天才職人、ストラディヴリュウスが存在する環境があったと思われます。バイオリンの逸品を生み出す様々な道具が組み合わさって、ひらめきを生み、自然に彼の手が動き出したのではと思われます。ストラディバリウスは、どこにでもあるバイオリンを作ろうとしたわけではありません。著名なバイオリニストの崇高な音を作り出そうしたのではないでしょうか?

アイデアの源泉である「ひらめき」から現在のAI(人口知能)で、逸品といわれるストラディバリヴュスのバイオリは作れるでしょうか?「ビジネス・アイデアのエッセンス」が重視しているポイントです。

IoT関連の技術は、モノの製造部門で大きなイノベーションを生んでいます。「ビジネス・アイデアのエッセンス」では人間の多くの経験や知識のビックデータから「おこなうコト」でひらめきを生み、ビジネスに付加価値のあるアイデアを創造し、サービス・イノベーションを起こします。

サービコン ジャパンでは「ひらめき」を生み出し、ビジネス・アイデアづくりを補助していくシステムを創造していきます。

IoTAIの第四次産業革命時代に必要となる能力は、人間的資源、企画発想力と対人関係能力です。IoTAIと競争することではなく、共存していくことが重要です。人間の能力を生かして、今から、対応していくことで、未来が見えてきます。

                          サービコン ジャパン