政府はマイナンバー制度を活用した転居や結婚届等がスマホから申請できる行政サービスを検討

政府は16年に運用が始まるマイナンバー制度を活用し、結婚・転居・子供の出産・死亡の等の届けをインターネットで簡単に登録できる行政サービスを検討中。

IT総合戦略本部は6月までに方向性を取りまとめて、成長戦略に盛り込む予定。

マイナンバー制度は、社会的なコストの削減や便利さが売り物だが、その反面個人情報の保護の課題は残る。

行政サービスの転換がビジネス界に大きな関心をもたらす。

2014年 5月11日 日本経済新聞 (一部サービスのビジネス・チャンスの意見を記入)

 

福井県鯖江市、市のオープンデータで新しいアプリを開発する試み

鯖江市が持っている街のデータを企業・市民にオープンにすることで、民間企業・市民がアプリを開発し、新しいビジネスチャンスが増えている。

市のオープンデータと民間企業の知恵を活用し、観光等の街の活性化にも役に立っている。

また、さまざまのサービスが市のオープンデータから新開発が進み、街の活性化も進んでいる。

NKHニュースウォッチ9

 

 

全国銀行協会は主要国の銀行で、24時間送金サービスを検討

情報化社会でビッコインの普及や海外の送金ビジネスが活発している経済状況の中で、日本でも24時間送金サービスの検討を始める。

全国銀行協会が2019年までの導入を目指している。

国内の24時間送金サービスは、個人・企業では便利になり、金融インフラで人や資金を呼び込めそう。 2014年3月23日 日本経済新聞

信託銀行 高齢者用に、様々な生活信託商品を販売する

ほがらか信託は、高齢者のニーズに適応する「らくらく生活管理信託」を販売する。

この信託は弁護士が中心となり、高齢者生活のニーズに合わせて、生活のサービスを管理する。

高齢者の顧客は、ほがらか信託に財産を預けて、運用や管理、処分を任せる。ほがらか信託は、

その資金を使い、高齢者の家の警備、公共料金の支払い、死後に遺産相続人の相談等ができる。

今後は、このシステムサービスが、高齢者の実際の生活にも組み入れられて行くと見られる。

2014年2月3日 日本経済新聞

居酒屋チェーン店 新たな顧客開拓を模索中

居酒屋チェーン店では、どこの店でも同じメニューと顧客セグメンテーションから脱出するために、ファミリー層・高齢者を顧客対象とするメニュー作りと、顧客の開発に重視してきた。

また、ロイヤルホストでは創設者の故江頭の考えに基づく「家庭では作れないプロの味」、「レストランは心の豊かさを提供する」という今までの伝統の味に戻し、考えを再考し、顧客づくりに奔走する。

2014年1月30日 朝日新聞